トピックス

3月24日 17年市議選における党候補者の収支報告書について

カテゴリー:

2020年3月24日

2017年富山市議会議員選挙における 日本共産党候補者の収支報告書について                        

日本共産党富山地区委員会

委員長 髙橋 渡

富山市議会 日本共産党

市議会議員 赤星 ゆかり

市議会議員 小西 直樹

はじめに、市民のみなさまに、ご心配をおかけしまして、心よりお詫び申し上げます。

先日、2017年4月執行の富山市議会議員選挙における日本共産党公認の赤星ゆかり候補、小西直樹候補、中山雅之候補、吉田修候補の選挙運動資金収支報告書の追加提出について、一部マスコミにより報道がありました。  また、3月19日の富山市議会総務文教委員会でも、一部の委員から市選管事務局に対する質疑応答がありました。  これは、昨年12月末に富山市選挙管理委員会事務局より、市民の閲覧者から「選挙葉書作成代が記載されていないのではないか」との指摘があったことが伝えられました。  これを受けて調査したところ、多分の未報告があることがわかり、追加で選挙運動費用収支報告書を選管事務局に2月12日と20日に提出いたしました。  未報告の原因は、 (1)選挙運動費用収支報告の2回目または3回目以降の追加提出について、各候補者選挙事務所側と政党(日本共産党富山地区委員会)との間で認識共有がされていなかった。 (2)選挙終了後に政党事務所で支払ったものについて、領収書が各候補者選挙事務所の出納責任者に届けられていなかった。 (3)選挙終了後に、選挙葉書作成代、看板代、電話料、電気料などの選挙費用を政党(日本共産党富山地区委員会)が支払い、領収書の宛名が政党(日本共産党富山地区委員会)名で発行されたものもあり、政党の収支報告書に記載していた。 などのことがわかりました。 既に各選挙事務所が解散した後の支払いが多く、請求書は政党事務所に届けられ、政党から支払いをし、領収書も政党が保存し、各候補者の出納責任者に届いていなかったものが多くあったことがわかりました。  2月に追加の選挙運動費用収支報告書を提出しましたが、政党の支出の部の修正は、3月中に行います。  再度、市民の皆さまにご心配をおかけしてしまったことについて、深くお詫び申し上げます。  同時に、今回のことは、決して故意に支出を隠していたものでなく、虚偽の報告を行ったものでもありません。ましてや、自民党などが政務活動費などにかかわる公金の詐取のような不正ではなく、今後このようなことが発生しないように、鋭意、務めることをお誓い申しあげるものです。                              以  上

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党はこんな党です
赤旗購読のお申込み
ビラ・署名用紙など
ご意見・お問い合わせ
高橋わたるのフェイスブックページ
高橋わたるのツイッター
日本共産党中央委員会
日本共産党富山県委員会
© 2013 - 2020 TAKAHASHI WATARU