トピックス

大激戦、新潟の政治戦!!

いよいよ最終盤。新潟生まれとして、大変気になります。子供のころ、家の近くに、確か、「巻原発から〇〇キロ」なんて看板があったことを憶えています。小学4年の頃ではないかと思いますが、図書館で「原子力発電」に関する子ども向けの本を借りてきて読んだ。未来を拓く安全・安心なエネルギーだとか、仕組みなどが書いてあって、自分も子供のころそう思っていました。しかし、そうではないことはだんだん大人につれてわかったきたのでした。
 そして、3・11。福島の人との交流。「原発と人類」というか生物は共存できないと強く思う。
 「消費税の増税は将来につけを残さないため」などとの宣伝もされ、話をしていても、「孫の代につけを残さないために仕方がない」などと話をされる方は多い。
 では、原発を燃やした後にでる「使用済み核燃料」はどうだ。当然孫の代ではすまない。数万年という規模だ。最終処分場や方法も未定だし、確立していない。日本は地震、火山など、自然災害と隣り合わせだ。福島の事故を見れば、「コストが安い電力」などとは言えないことは明らか。こうした点を見ただけでも、「原発には未来はない」ことは明らかだと思う。1日も早く原発のない社会を実現したいと思います。
 そういう点で、「新潟のことは、新潟で決める。」、故郷のみなさんに賢明な判断を期待したいと思います。自分に投票権がないのが残念でなんだか悲しい…

 

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党はこんな党です
赤旗購読のお申込み
ビラ・署名用紙など
ご意見・お問い合わせ
高橋わたるのフェイスブックページ
高橋わたるのツイッター
日本共産党中央委員会
日本共産党富山県委員会
Copyright © 2013 - 2018 TAKAHASHI WATARU All Right Reserved.