トピックス

力をあわせて、政治を変えましょう!

カテゴリー:

 みなさん、お久しぶりです。今回、急性肝炎を患い、9月14日の夕方から、緊急入院となりました。県民のみなさんから、激励や期待の声をいただいていただけに、残念で大変申し訳ないのですが、県知事選挙の立候補を断念し、私の代わりに、みんなの会の米谷寛治さんが決意され、今日が告示日となりました(候補者の交代は9月26日発表)。米谷さんは、3度目の挑戦で、これまでの県政に対する蓄積と情熱、労働組合の委員長や議長としての統率力、教員として永年培われた人に対する愛情、いざとなれば立候補する勇気、どれも素晴らしく、心から尊敬している人です。県知事としてこんなにふさわしい人はいません。みなさんの期待に必ずこたえれる人です。

 今、政務活動費をめぐる問題で、大きな怒りが広がっています。おごれる自民党、公明党の政治の醜い実態が明らかになっています。こんな時に、自民党などの推薦を平気で受け、自民党の理念を尊重するなどという石井知事には、県民のみなさんの声なき声は決して聞こえないでしょう。今度の政治戦は、県政を県民の手にとりもどすたたかいです。負けるわけにはいきません。
 医師から、この病気は必ず治ると言われています。治療に専念させていただいた結果、10月3日の夕方に退院できました。現在、自宅で療養しています。この機会にしっかり治療して、これからも重要なたたかいと運動が続きますが、次に備えたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。

 写真は、10月1日に、米谷寛治さん、藤野やすふみ衆議院議員、北陸信越ブロックの板本さん、折田県常任委員が忙しい中、お見舞いにきてくれた時のものです。もう1枚は、4日、県委員会事務所に、限度額適用認定書などを取りにきた時のものです(映りはあまりよくありませんが)。DSC_3791DSC_3792

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党はこんな党です
赤旗購読のお申込み
ビラ・署名用紙など
ご意見・お問い合わせ
高橋わたるのフェイスブックページ
高橋わたるのツイッター
日本共産党中央委員会
日本共産党富山県委員会
Copyright © 2013 - 2018 TAKAHASHI WATARU All Right Reserved.