トピックス

治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟富山県本部が総会開く

カテゴリー:

13年9月10日 あいさつ 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟富山県本部が今日総会を開きました。
 会長の古川松男さんが、開会のあいさつと活動方針などを報告。小森修事務局長が経過報告を行いました。
 総会は、国賠署名の目標、県内の治安維持法犠牲者の実態把握、憲法改悪や集団的自衛権をめぐる危険な動きに、諸団体と協力して反対運動をすすめることなどの活動方針を採択しました。
 
 日本共産党富山県委員会を代表して、私も連帯の挨拶をさせていただきました。参加されていたのは、私の大先輩ばかりで緊張しました。
 安倍政権の危険な暴走の一つである「特定秘密保護法案」が、臨時国会に提案されようとしています。
 「特定秘密」の定義や範囲があいまいであり、必要な情報が国民に隠され、ジャーナリストや市民運動まで調査対象となることも危惧されるなど、まさに、戦前の暗い時代に逆戻りするかのような危険なものです。「戦争をする国づくり」へ着々と布石を打ってきています。こんな危険な動きは、力をあわせてストップ!!です…
 

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党はこんな党です
赤旗購読のお申込み
ビラ・署名用紙など
ご意見・お問い合わせ
高橋わたるのフェイスブックページ
高橋わたるのツイッター
日本共産党中央委員会
日本共産党富山県委員会
Copyright © 2013 - 2018 TAKAHASHI WATARU All Right Reserved.