トピックス

びっくりするような反応が…この間の反応は?

カテゴリー:

13日木曜日の反応…

ここ数日暑い日が続いています。朝、宣伝しただけで汗でぐっちょリです。今日の午前、富山市内の町部で街宣。あるスーパーの前で、街宣を始め、アベノミクスについて話をしていると、すぐ一人の50代と思われる男性が駐車場から近づいてきました。その思いつめたような表情から、「うるさい」とか言われることを覚悟しましたが、その男性が、私の目の前に来て、「がんばってください応援しています」と真剣なまなざしで…その表情を私は忘れません。また、その直後、自転車に乗った若い男性も、「がんばってください」と声をかけてくれました。暑さも吹っ飛びました…

14日金曜日の反応

①朝は、富山市内で中山市議と宣伝。午前と午後は高岡市内で宣伝しました。夜は砺波で「つどい」に参加しました。高岡市のある場所では、60代後半の男性がずっと聞いてくれました。かけより握手をすると、ある大学の教員をされていた方で、経済学の本も書かれている方でした。アベノミクスはなっていないと怒り、プロ野球の公式球問題で責任を取らない体質にファンも選手も愚弄するものだと怒っておられました。がんばれと激励をしていただきました

② 80代の男性が途中から家から出てきてずっと聞いてくれましたIMG_1827。その方は、「安倍のやり方は日本をアメリカの51番目の州にしてしまう」、「俺は戦争に行って、同期の連中は特攻で魚のえさになってしまった、憲法を変えるなんてとんでもない」と話してくれました。「ただ共産党と違うのは、自分はキリスト教徒だ」とのこと。そこで、「共産党は思想信条の自由、信教の自由をもっとも尊重している党です。日本共産党の副委員長をされていた小笠原貞子さんはクリスチャンでした」というと、「戦前は、思想や宗教でもいじめられた」といい、「安倍なんかが憲法を変えるようなことをやるとまた、思想や宗教で弾圧されるのではないか」と話をされました。アベノミクスの問題、憲法や信教の自由などを守るためにも日本共産党と伸ばしてほしいというと、大きく激励してくれました。

 
 

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党はこんな党です
赤旗購読のお申込み
ビラ・署名用紙など
ご意見・お問い合わせ
高橋わたるのフェイスブックページ
高橋わたるのツイッター
日本共産党中央委員会
日本共産党富山県委員会
Copyright © 2013 - 2019 TAKAHASHI WATARU All Right Reserved.