トピックス新着情報

今朝は、雨の予報でしたが、晴れてました。ここは、晴れのうちにということで、県議会報告を配布しました。やっぱり寒い。手がかじかみました。あと2回から3回の配布で担当分は完了かなぁ…

16%e5%b9%b412%e6%9c%887%e6%97%a5%e6%9c%9d

 

12月4日(日)午後2時から、サンフォルテ3階 303号室で、富山県革新懇の総会があります。記念講演として、乾友行全国革新懇事務室長が、「市民と野党共闘を進める革新懇運動の役割」と題して講演をされます。どなたでも参加できます。関心のある方はぜひご参加ください。

16%e5%b9%b4%e9%9d%a9%e6%96%b0%e6%87%87%e7%b7%8f%e4%bc%9a

昨日、富山労働局へ、ひづめ県議と一緒に訪問。労働基準監督署で、富山の実態などをお聞きしてきました。指導する残業時間の規制が100時間から80時間へ。20時間引き下げられました。ブラック企業から若者を守るためにも、より効果的な規制が必要ですね。写真は、労働局の入り口近くです。16%e5%b9%b412%e6%9c%882%e6%97%a5%e3%80%80%e5%8a%b4%e5%83%8d%e5%b1%80

今日、久しぶりにというか、退院してから初めて、いらんちゃ☆原発@とやまの金曜日行動に参加してきました。12月にしては穏やかな天気でした。1日も早く原発のない社会にしたいですね!

16%e5%b9%b412%e6%9c%882%e6%97%a5%e3%80%80%e3%81%84%e3%82%89%e3%82%93%e3%81%a1%e3%82%83

19日(土)、午後2時より、サンシップとやまで、非核の政府を求める富山の会の総会があります。記念講演は、どなたでも参加できます。講師は、核兵器禁止条約へヒバクシャ署名をと題して、原水爆禁止日本協議会事務局次長の土田弥生さんです。講演会のあとに総会となります。ご一緒に、核兵器のない世界をつくるために力を合わせましょう!

 

いよいよ、富山市議補選の投票日が、明後日に迫りました。ぜひ、市民のみなさんの「不正を許さない」、「政治を変えたい」の願いを日本共産党の2人の候補者にお寄せください!2人の活動地域などは、076‐432-8383(富山県委員会)、076‐441-3001(富山地区委員会)へお気軽にお問い合わせください。

 今日は、私も、中央委員会の大型宣伝カーで訴えました。

16%e5%b9%b4%e5%af%8c%e5%b1%b1%e5%b8%82%e8%ad%b0%e8%a3%9c%e9%81%b8%e3%80%80%e6%9c%80%e7%b5%82%e7%9b%a4

 

 

維新の会の大阪市議が、税務活動費で車のリース料金を払い、自らはほとんど乗らず、妻が買い物などに使用していたことをマスコミが報道。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161021-00000052-mbsnews-l27

(リンク参照)

実は、富山県議会も、議員が車のリース料金を税務活動費から支出してもよいことに数年前に改悪されました。確か上限は、リース料金の半分までだったように記憶しています。当時、ひづめ県議からその話を聞きました。ひづめ県議はもちろん反対しました。自民党の議員たちに、議会と自宅の往復だけでなく、買い物などの寄り道や私用にも使うでしょう、県民の生活の大変さが増すなか、県民のみなさんの納得は得られない、認められないなどと主張しましたが、多勢に無勢で改悪されました。自民党などは、税務活動費の使用範囲などを自らの都合のよいように改悪しようと狙ってきていました。その話を聞いて大きな怒りを感じたのを思いだします。これらに県民の立場で頑張ってきたのが日本共産党です。今回の県議会、富山市議会などの事態をみると、議員として心構え、役割、税務活動費の考え方、自己研鑽、いかに県民、市民のみなさんに、自らの政策活動、議員活動、県政、市政などの実態を知ってもらい、県民、市民のみなさんの暮らしの向上などに貢献するなどが、うまく言えませんが 、曖昧な政党、議員がこんな問題を起こしたのだと思います。志のないもの、ルールを守れないものは、もうお引き取り願いたいですね!

医師から、半日程度で仕事に復帰してもよいと言われたので、今日から、こめたにさんの事務所に来ました。できることから、無理をせずに、富山弁でいう、やわやわとすすめたいと思います。ようやくここまで回復できました。

DSC_3825

 みなさん、お久しぶりです。今回、急性肝炎を患い、9月14日の夕方から、緊急入院となりました。県民のみなさんから、激励や期待の声をいただいていただけに、残念で大変申し訳ないのですが、県知事選挙の立候補を断念し、私の代わりに、みんなの会の米谷寛治さんが決意され、今日が告示日となりました(候補者の交代は9月26日発表)。米谷さんは、3度目の挑戦で、これまでの県政に対する蓄積と情熱、労働組合の委員長や議長としての統率力、教員として永年培われた人に対する愛情、いざとなれば立候補する勇気、どれも素晴らしく、心から尊敬している人です。県知事としてこんなにふさわしい人はいません。みなさんの期待に必ずこたえれる人です。

 今、政務活動費をめぐる問題で、大きな怒りが広がっています。おごれる自民党、公明党の政治の醜い実態が明らかになっています。こんな時に、自民党などの推薦を平気で受け、自民党の理念を尊重するなどという石井知事には、県民のみなさんの声なき声は決して聞こえないでしょう。今度の政治戦は、県政を県民の手にとりもどすたたかいです。負けるわけにはいきません。
 医師から、この病気は必ず治ると言われています。治療に専念させていただいた結果、10月3日の夕方に退院できました。現在、自宅で療養しています。この機会にしっかり治療して、これからも重要なたたかいと運動が続きますが、次に備えたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。

 写真は、10月1日に、米谷寛治さん、藤野やすふみ衆議院議員、北陸信越ブロックの板本さん、折田県常任委員が忙しい中、お見舞いにきてくれた時のものです。もう1枚は、4日、県委員会事務所に、限度額適用認定書などを取りにきた時のものです(映りはあまりよくありませんが)。DSC_3791DSC_3792

昨日(11日)、中山まさゆき富山市議、支部の党員のみなさんと一緒に、富山市の北部4か所で訴えました。県民のみなさんの関心は、県議会、富山市議会、高岡市議会の政務活動費を偽造した領収書などによる自民議員が不正受給した問題で怒りが広がっています。
 同時に、不正した県議の告発もせず、「自民党の理念を尊重する」とし、自民党の現職参議の応援に二度もたつ「県民党」を標榜する知事では、県民のみなさんのくらしと命を守る県政は実現できません。県独自の給付型奨学金や志賀原発の再稼働許さず廃炉にするなどの中心政策の一端を紹介しました。

16年9月11日

▲ このページの先頭にもどる

日本共産党はこんな党です
赤旗購読のお申込み
ビラ・署名用紙など
ご意見・お問い合わせ
高橋わたるのフェイスブックページ
高橋わたるのツイッター
日本共産党中央委員会
日本共産党富山県委員会
Copyright © 2013 - 2016 TAKAHASHI WATARU All Right Reserved.